#18 by ritsuo / 2013.09.10
ニュース

スライドショー公開:「番号法時代」の中で 市民自治を取り戻す

5-6月の学習会/勉強会の記録スライドショー(ニュースレター 0008参照)に、反住基ネット連絡会の「『番号法時代』の中で市民自治を取り戻す」を追加公開しました。

反住基ネット連絡会が「くにたちキャンペーン」としてこの問題に取り組む上での基本的な考え方を、今までの連絡会の活動の中で簡潔に整理した報告です。

基本的に、「くにたち」の問題は「住基ネット」をめぐって起きている「国と自治体との関係についての問い直し」です。言いかえれば「住基ネット」は、個人の尊厳としての「プライバシー」の問題であると同時に、地域の自律としての「自治」の問題でもありました。

それが「最高裁判決」によって「国の優位」として権威付けられた結果、過剰な「法治国家論」が地域社会に不幸な世論の分裂が持ち込まれたのが「くにたち住基ネット裁判」でした。

»「『番号法時代』の中で市民自治を取り戻す」

 まえの記事 «   » つぎの記事